匠が教えるデータ復旧ガイド


匠が教えるデータ復旧ガイドブログ : 2016/06/17


生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)にあるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことによって、
膵臓からはほぼインスリンが分泌されなくなり発症してしまうという自己免疫性の糖尿病なのです。

HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを含んでいる精液、
血液を始め、腟分泌液や母乳などのあらゆる体液が、
乳飲み子などの粘膜部分や傷口に触れれば、
HIV感染の危険性が高くなるのです。

インキンタムシというのは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言い、
白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)や股部、
臀部などの場所に感染、もしくは定着してしまう感染症であり水虫です。

臓器である前立腺は生育や活動にアンドロゲンが密に関連していて、
前立腺に発生してしまった癌も同様に、
アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに刺激されて肥大化してしまうのです。

一見すると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「除外しなければいけない」ものと捉えがちですが、
実を言うと、我々人間は日々ストレスを経験するからこそ、
生きていくことに耐えられるのです。

「肝機能の減衰」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、
そしてγ-GTPなどの数値によって判断できますが、
近頃肝機能が充分ではない人達が明らかに増加しているとの報告がありました。

UVB波は、UVA波より波長が短いという性質があるためオゾン層でその一部分が吸収されるものの、
地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破壊するなど、
肌にとって悪い影響をもたらすと言われています。

World Health Organizationは、
身体に害を与えるUV-Aの浴び過ぎが皮膚病を招く可能性が高いとして、
19歳未満の人がファッション感覚で日サロを利用する行為の禁止を各国に求めています。

肥満(obesity)というのは当たり前のことながら栄養バランスや食生活の質、
運動不足などが誘因ですが、内容量は変わらない食事であっても、
短時間で食べ終わる「早食い」を日常化することで脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く可能性が高まります。

大抵は骨折しない位のごく小さな圧力でも、
骨の限られた所に複数回繰り返し連続して力が加わることで、
骨折が生じてしまうこともあります。